大津市の新築一戸建てで考えたい耐久性

subpage01

大津市で新築一戸建てをたてる場合は、耐久性の視点を持つことも必要です。

大手住宅メーカーのたてる住宅は、新築から一定の期間は高い性能を発揮しますが、長い期間、性能を保証するものではありません。
それに対して大津市の工務店は、新築一戸建てを長期間見守る体制を整えています。両者を比較する場合は、価格や初期の性能だけでなく、耐久性による比較をしないと、選択を間違うことになりかねません。

大津市で新築一戸建てをたてる場合、大手住宅メーカーに依頼することが考えられます。
大手住宅メーカーの供給する住宅は、短期間の性能を保証するものですが、耐久性を保証するものではありません。2×4工法や軽量鉄骨プレハブ工法は、元々、長持ちする工法として開発されたものではありません。
工務店が採用する工法は、木造軸組み工法です。柱と桁、梁によって建物の骨組みをつくる工法です。

大津市の新築一戸建て関連情報を紹介しています。

日本の伝統工法の一部を継承する工法で、耐久性があります。


工務店は大津市において、新築一戸建てを建てたら終わりとは考えていません。
住宅が使われている間は、必要に応じてメンテナンスを行う体制を整えています。工務店は住宅には必要に応じたメンテナンスが必要なことを熟知しています。



地元に張り付き、地元から受注することで、地域の住宅に責任をとっています。

住宅を長く使い続けるためには、長い期間使うことを前提とした工法を用いると共に、増改築を含めたメンテナンスの体制を整えている組織へ依頼することが必要です。